ダイビングショップの仕事や働き方

> ダイビングショップで働く
沖縄ダイビングで働く、求人、資格

ダイビングショップで働くには

仕事としてダイビングをするために必要な資格や経験

ダイビングショップはこんな仕事です

                

沖縄は日本の中でも最もマリンスポーツが盛んな地域ではないでしょうか。
そのため、ダイビングショップの件数も多く、スタッフを募集(求人)しているダイビングショップも多くあります。

                

ダイビング求人沖縄にあるダイビングショップの主な仕事は、お客様を海に案内する「ガイド」と呼ばれる仕事が中心になると思います。
これはダイビングを目的に沖縄に来るお客様が多いことから、海に案内する現場の仕事を中心に業務を行っているショップが多いためです。
東京や大阪などの都市部にあるダイビングショップでは、器材の販売やダイビングツアーへの参加の営業をメインとして行っているショップも多く、地域によって業務内容が大きく異なることを理解しましょう。

                

沖縄だけではないのですが、ダイビングショップは大規模なショップは少なく、従業員が10名以内の小規模な事業所が大半になります。
また、季節によりお客様の数にかなりの開きがあるのもこの業界の特徴でもあります。
そのため、ほとんどのダイビングショップは、夏場や連休などの時期が繁忙期になり、繁忙期には休みが取りずらく長時間の労働を行っている現状があります。
仕事も趣味の一部と考えられ、長時間労働や不規則な休みでなどは気にならないと考えられる方が向いている仕事かもしれません。
週休2日や一日8時間労働など、サラーリーマンのような労働条件を求めている方には向かない業界であることを理解しましょう。

                

繁忙期にはかなり忙しくなるため、体力的にもきつい仕事になることも覚悟が必要です。
海に入ることは体力を消耗することは理解できると思いますが、お客様を連れて海に入る事は、個人的に楽しむために海に入るより何倍も体力が必要になります。
ただし、女性のインストラクターも多く活躍していることから、体を動かすことが好きな方や、スポーツをやられていた方などは問題ないのではないでしょうか。

                

ダイビングショップの仕事はなんだか楽しそうなイメージを持たれる方も多いようですが、実際の仕事は楽しい事だけではありません。
もちろん楽しいことも多く、やりがいを感じる方も多いと思います。その反面お客様からは見えない裏方の仕事が多かったり、命を預かる責任もあるためきつい部分があることを理解しましょう。

ダイビングショップで働くのに必要な資格

                

ダイビングショップで働くには色々な資格が必要になる場合があります。
ショップの業務内容によって必要な資格が異なることもありますが、通常は以下の資格が必要なケースが多くなります。
・ダイビングインストラクターなどのプロレベル資格
・国家試験である潜水士免許
・自動車の運転免許

                

ダイブマスターやインストラクターなどのプロレベルの資格
この資格は民間のダイビング指導団体と呼ばれる組織が発行している認定書になり、国家資格ではありません。
そのため、法律的に必要な資格ではありませんが、沖縄では警察に提出する必要があるガイドダイバー名簿などでも取得が必要になっている事から、仕事をするうえで必ず必要になる資格になります。
また、インストラクターなどの資格がない場合には、入ることが出来る保険がないことからも必ず必要になると考えられます。

                

国家資格である潜水士資格
ダイビングなどの潜水業務を行うにあたっては、潜水士資格が必ず必要になります。
この資格は法律的に必要になるため、日本国内のダイビングショップで働くには必修の資格です。海外で働く場合は必要ありませんが、その国独自の資格が必要な可能性もあります。
潜水士資格は潜水器を使っての潜水業務を行う場合に必要になる資格です。そのため、沖縄で多いシュノーケルのガイドを行うには必要がありません。

                

自動車の運転免許
ダイビングショップは海までの移動に車を使用するケースが大半です。
ボートを使っているダイビングショップも、お店から港までの移動やお客様の送迎などは車で行っている場合が多く、ほとんどのダイビングショップで自動車の運転免許が必要になります。

                

以上の3つの資格は必ず必要になると考えましょう。

インストラクター資格の取得方法

                

ダイビングショップで働くための資格はどのように取得すればよいのでしょうか?
多くの方は以下の3つの方法でインストラクターを取得してダイビングショップで働いています。
・ダイビングショップで働きながら取得する
・専門学校等で取得する
・ダイビングショップ等でお客様として取得する

                

ダイビングの業務ダイビングショップで働きながら取得する
沖縄では多くのダイビングショップが、「インストラクター」や「潜水士」の資格を、働きながら無料又は割安で取得出来るシステムを取り入れているショップがります。
通常ダイビングショップでインストラクターを取得するには「6か月~1年ほどの期間」と「100万円前後の料金」が掛かります。
殆ど経験がないインストラクターをお客様は望んでおらず、最低でも100ダイブ以上の経験が必要になることも料金が高額になる理由の1つです。
働きながらインストラクターを取得するシステムは若くて経験がない方にも、インストラクターになって活躍してもらいたいという考えから行われています。
そのため、取得後の数年間はそのダイビングショップで働くことが前提になっている場合が大半です。
未経験の方には経済的にも魅力的なシステムになりますが、仕事内容を理解しないまま就職してしまい、思っていたイメージと異なると感じる場合も多くあります。
ショップがボランティアで行っているシステムではありませんので、良く理解して応募をするようにしましょう。
ダイビングショップで働きながら取得するメリットは、料金が格安になるだけではありません。
現場の第一線で活躍しているインストラクターから指導が受けられるため、より高い知識と経験が詰める事、接客や業務全般の知識も身に付くため、即戦力で活躍できるインストラクターになれることなどがあげられます。

                

専門学校等で取得する
スポーツ系の専門学校では、ダイビングのインストラクターの取得が出来るところもあります。
専門学校ではあくまでも学校であるため、指導やトレーニングのペースがゆっくりとしていたり、一日の授業が長時間に及ぶこともないため、ゆっくり取得したい方には良い方法です。
インストラクター取得までにかかる料金は最も高額になると思われますが、ダイビング以外の知識も身に着けることが出来ることなどがメリットです。
ただし、ダイビングショップでは専門学校で取得したインストラクター資格はあまり評価されない傾向にあります。
資格自体は持っているのですが、ダイビングショップの実務経験がないために、即戦力として成り立たないことが大きな原因と考えられます。

                

ダイビングショップでお客様として取得する
ダイビングショップでインストラクターまで取得する事も出来ます。
この方法はショップにより大きな違いがありますので一概には言えませんが、インストラクター取得までに、実際のお客様のガイドや接客までさせてくれるショップも多く存在します。
中には本当のスタッフと同じように扱ってくれるショップもあり、沢山の経験を積める可能性もあります。
働きながら取得する場合との大きな違いは、週末だけなど現在の仕事や学校が休みの時だけでも対応してくれる所ではないでしょうか。
ダイビング業界は意外と狭いので、取得後に自分に合ったダイビングショップを紹介してもらえる可能性も高いのも魅力の一つではないでしょうか。

                

潜水士免許の取得は、実技がなく筆記試験のみになります。
独学でも十分取得可能な難易度ですので、試験日程に合わせて事前に取得すると良いでしょう。
取得費用は1万円ほどで、試験も一日で終わります。
18歳以上の方でしたらどなたでも取得する事が可能です。(18歳未満の方も受験は可能ですが、合格後の申請は18歳以上になってから行う必要があります。)

その他の注意点

                

ダイビングのインストラクターになるには、健康状態に問題があるとなれない場合があります。
お客様の安全を守るために海に入るインストラクターが、水中で病気の症状が出た場合には、本人だけでなくお客様にも危険が及ぶことになるためです。
特定の病気を持った方はインストラクターになるべきではありません。
また多くのダイビング指導団体では、ダイブマスターやインストラクター取得時に、健康診断を義務付けています。

                

未成年の方がインストラクターになるためには、保護者の同意が必要になります。

地域によるダイビングショップの特徴

                

ダイビングショップは北海道から沖縄まで全国の各地にあります。
同じダイビングショップでも、ショップにより業務内容が大きく異なります。
一概には言えませんが、地域によりある程度ショップの特徴があります。

                

ダイビング仕事沖縄などのリゾート地にあるショップの特徴
リゾート地にあるダイビングショップでは、お客様を海に連れて行く業務を主に行っているショップが多くなります。
そのため、仕事も海に入る現場がメインになり、最もインストラクターらしい仕事が多くなる傾向にあります。
反面、体力的にはきつく若いインストラクターが多いのも特徴です。
ショップによっては一日に1人のインストラクターが3~5組対応することも珍しくなく、たくさんのお客さんを短時間で接客することになる場合もあります。

                

東京や大阪など都市部にあるショップの特徴
都市部のダイビングショップは、新規のお客様をインストラクターが連れてくる営業や、海外ツアーなどを固定客に勧める営業などが多くなる場合があります。
また、機材販売を積極的に行っているショップが多いのも特徴です。
お客様と仲良くなり、長く通って貰うことを求めているショップも多いでしょう。

                

伊豆や和歌山などダイビングスポットにあるショップの特徴
ダイビングポイントが近いため、お客様を海にご案内する仕事がメインになりますが、沖縄などと違うところは常連さんが多いところです。そのため、お客様の多くがダイビング経験者になり、1日掛けて数回のダイビングするお客様が大半になります。
ダイビング後に一緒に食事をしたり、お客様との距離が近いショップが多いのも特徴です。

                

上記の特徴は地域による傾向ですので、当てはまらない場合ももちろんあります。
また、各ダイビングショップが独自の個性を持っている場合も多いので、自分に合ったダイビングショップを選びましょう。