沖縄 青の洞窟 口コミ

> 青の洞窟口コミ
沖縄 青の洞窟 口コミ

沖縄 青の洞窟 口コミ&評判

みんなの口コミを共有して青の洞窟を楽しみましょう。

沖縄 青の洞窟 口コミを紹介!!

                

沖縄青の洞窟の口コミはいろいろなサイトで見ることが出来ると思います。
そんな青の洞窟の口コミを、当サイトの回答付きで紹介しています。

                

失敗しないために皆様の体験を参考にして頂ければと思います。
他にも体験談等ありましたら、当サイトまでメールでご連絡をお待ちしています。

青の洞窟の混雑が酷くてがっかりしました。

                

夏休みに家族で青の洞窟にシュノーケルをしに行ってきました。
混雑すると聞いていたので、朝早い8時集合のコースに申し込みをしました。

                

着替えや準備をしてから少し待ち時間があり、ボートに乗ったのは9時頃だったと思います。青の洞窟までは5分ほどで着いたのですが、海には人がいっぱいという感じでした。
青の洞窟までは泳いで直ぐでしたが、入り口からすごい人で洞窟の中を並んで待つような感じになりました。たぶん15分位だったと思いますが、うるさくてギュウギュウの洞窟は余り楽しいものではありませんでした。

                

青の洞窟情報サイトからのアドバイス
青の洞窟は人気スポットになっているため多少の混雑は仕方がないかと思います。
特に7月から9月末までは青の洞窟がもっとも混雑する季節になりますので、時間をずらして楽しむと良いと思います。                 
朝一が空いていると思っている方も多いと思いますが、朝8時集合ですと完全にピークタイムになって混雑してしまいます。少し大変ですが朝7時前の集合でしたらほとんど人が居ない青の洞窟を楽しめると思います。みんなが無理なく行ける時間はどうしても混雑してしまうとお考え下さい。                 
朝早い時間が難しい方は夕方16時以降がお勧めです。夕方は余り綺麗じゃないと思っている方もいるみたいですが、そんなことは全然ありません。むしろ混雑して楽しめない時間帯(8時から15時頃)に行くより何倍も楽しめると思います。                 
青の洞窟は一年中混雑する訳ではありません。7月から9月末までの夏の時期とゴールデンウイーク以外の時期はそれほど混雑することはありません。

                

綺麗さはその時の気分次第で全然違ってくるものです。
出来るだけ気分よく楽しめる時間帯を選びましょう。

海に入ってる時間が短かく楽しめなかった。

青の洞窟に行ってきました。
私は水中写真を撮ってくれるショップ、貸し切りで海に案内してくれるショップでお値打ちな所を探してツアーの申し込みをしました。
上記の2つはとっても良かったのですが、海に入っている時間がとても短く。なんだか流れ作業みたいな感じで残念でした。
ボートの出発まではゆっくりしていたのですが、青の洞窟に到着したら急いで海に入ってすぐにボートに戻るといった感じでした。なんだかとてもバタバタしている印象で楽しめるような空気ではありませんでした。

                

今まで海外でシュノーケルに参加したことが何度かありますが、1時間ほどは海に入っていたと思います。今回は30分も入っていなかったと思います。
沖縄は何処のツアーもこんな物なのでしょうか?

                

青の洞窟情報サイトからのアドバイス
海に入って入れる時間はショップによりかなり差があると思います。                 
一番重要な部分と思うのですが、初めて参加する方は意外と見落としがちな部分です。                 
しっかり確認してから申し込みをしましょう。                 
「水中写真」や「貸切開催」など分かりやすい宣伝文句に目が行きがちですが、海に入れる時間もしっかり確認する必要があります。                 
海に入っている時間が書いてないショップは極端に短い場合が多いと思ってよいでしょう。ボートで青の洞窟に行くコースは、ほとんどが短めだと思います。                 
商売としての効率を重視しているためでしょう。                 
見落としがちな部分ですが、すぐに確認ができますので実際に海に入れる時間を確認してみましょう。

                

            

スタッフの素人さにびっくり

沖縄の青の洞窟で体験ダイビングをしてきました。
私はダイビングのライセンスを持っていて、普段は地元の海でもよく潜っているのですが、今回は会社の仲間と一緒に体験ダイビングに参加しました。
沖縄でのダイビングは初めてではないのですが、今回参加したお店は初めてのお店です。私もそんなに詳しくないのですが、その時のインストラクターの無知にびっくりしてしまいました。
地元のお店も海外のお店も、インストラクターは知識も豊富で水中でも頼れる存在に思えたのですが、今回は素人の私から見ても素人じゃないのって思うインストラクターでした。こんな経験をした事は初めてなのでびっくりしたのと同時に、少し怖くも感じてしまいました。参加するお店でこんなに変わるんだと勉強になりました。

                

青の洞窟情報サイトからのアドバイス
ショップにより確かにスタッフの質に違いがあるのは事実です。                 
ダイビングのインストラクターになるには、最低でも2年以上の経験がいると思うのですが、数か月しか経験がないスタッフがお客様を海にご案内しているショップがあるのも事実です。中には無資格で行っているショップがまだまだ多いのも事実です。                 
最もショップとしてコストがかかる部分ですが、体験ダイビングのお客様には分かりずらく、安全よりも利益と考えているショップが多いのも事実です。                 
安全にかかわる部分ですのでしっかりチェックしたいところですが、お申し込みの時にはどうしても料金や付属のサービスに目が行きがちです。                 
安全や楽しさに係る重要な部分なので、全てのショップを信用しないで確認してからお申し込みをしましょう。                 
一つの目安としてはある程度の値段で開催しているショップは、人気がありリピーターや紹介などが多い優良店である可能性が高いと思います。また、営業年数が10年以上あるショップは何かしらの魅力があるショップである事が多いはずです。                 
ホームページなどをしっかり確認して参加のショップを決められると良いと思います。良く分からない時は、ショップに直接問い合わせをして見るのも良いかと思います。インストラクター資格を持っている方が海にご案内していることをショップに確認する事も一つの方法です。

                

            

青の洞窟に行けなくて別の場所に潜ってガッカリ

青の洞窟の体験ダイビングに申し込みをしていたのですが、当日現地に行ったら波が高くて青の洞窟には行けませんと言われました。
別の場所でしたらダイビングが出来ると言われ、ショップに人に勧められるまま体験ダイビングに参加しました。
連れて行ってもらったところは、青の洞窟から歩いてすぐの場所だったのですが、水中は濁っていて立ったら顔が出てしまいそうな浅い場所で全然綺麗ではなくがっかりしてしまいました。
沖縄でのダイビングを楽しみにしていたのに、今までのダイビングで一番つまらないダイビングになってしまいました。

                

青の洞窟情報サイトからのアドバイス
青の洞窟に行けなかった事は残念ですが、マリンスポーツ性質上理解していただく必要があると思います。
ダイビングやシュノーケルはマリンスポーツになりますので、海のコンディション次第では開催ができなかったり危険に繋がる場合があります。そのためにダイビングポイントを変更したショップの判断は正しいと思います。
青の洞窟がある真栄田岬のすぐ近くの海は、おそらく真栄田ビーチと呼ばれている場所だと思います。この場所は波が立ちにくい反面水深が浅く、干潮の時間帯には水深は2メートル前後になり透明度も悪くなります。
シュノーケルには適した海になりますが、ダイビングには正直あまりお勧めが出来ません。
青の洞窟の波が高くて行けない場合の事までは考えずにショップを決めたことが問題だったかもしれません。
青の洞窟がある真栄田岬に集合するダイビングショップの場合は、近くに入れる海がそこしかないため、基本的にはきれいな海の案内する事が出来なくなります。
経費を抑えて営業を行っている場合が多くダイビング料金は安いかもしれませんが、他のポイントに移動する車や時間的余裕がないためにそのような海に案内される事になります。
逆にショップ集合のお店であれば、その日入れるポイントを複数提案してくれて、お客様の希望に近い海に案内してくれるショップもあります。
一つの目安としてはダイビングライセンスを持っている方向けの、ファンダイビングを多く開催しているダイビングショップを選べばそのような事は少ないと思います。
ファンダイビングを開催しているダイビングショップは、いろいろなポイントを熟知していてボートや車の準備も整っている場合が多いはずです。
ファンダイビングはダイビングを知っていてリピーターが多いため、効率よりもお客様も満足度を考えて対応している場合が多いです。
また、真栄田岬は少しでも波が高くなると、インストラクターが同行すれば危険ではない場合も、ビーチエントリーは出来なくなってしまいます。少しでも高確率で青の洞窟に行きたい場合は、ボートエントリーもコースにあるダイビングショップを選ぶと良いでしょう。
心配な場合は青の洞窟に行けない時に何処に連れて行ってくれるのかを、ショップのブログ等で確認してみるのも良いかもしれません。