青の洞窟以外のダイビングポイント

> 沖縄ダイビングポイント
沖縄ダイビングポイント、スポット

沖縄には青の洞窟以外にもダイビングポイントがたくさんあります。

何処のダイビングポイントも特徴があり綺麗な水中世界を見ることが出来ます。

沖縄には青の洞窟以外の綺麗な海がたくさんあります

                

このサイトを見られている方は、青の洞窟に興味を持たれている方だと思います。
青の洞窟は大変有名なダイビング&シュノーケルポイントになりますが、沖縄には個性的で綺麗なスポットが他にもたくさんあります。

                

ダイビングスポットのイメージ
沖縄で有名なダイビングポイントを少しだけ紹介させて頂きます。
ダイビングは安全のため、ご自身のトレーニングや経験に合ったレベルの海に入ることが大切です。
こんなダイビングスポットに行ってみたいを思う気持ちは理解できますが、場所によっては経験が豊富な方でないと危険な場合もある事を理解しましょう。
ポイント案内の中でも初級者~上級者まで難易度を紹介していますので参考にしてみてください。
ダイビングスポットの中には、ダイビングライセンスが無いと潜れないポイントも多数あります。
興味を持たれた方はダイビングライセンスの取得を考えてみると良いかもしれません。ダイビングライセンスの説明は「ダイビングライセンスについて」のページをご確認ください。

                

沖縄の海は黒潮と呼ばれる暖流の中にあり、世界でもトップクラスのダイビングスポットになっています。
水の透明度、生物の多さ、地形の面白さ、その全てを兼ね揃えた個性豊かなポイントが点在しています。
青の洞窟に興味を持たれた皆さんは、そんな素敵な海の魅力に気づき始めているのかも知れませんね。
他の海も潜ってみたいと感じたら参考にしてみて下さい。

沖縄本島のダイビングポイント

                

沖縄本島にあるダイビングポイントは、気軽に行けて移動時間が短いとこが特上です。
離島など遠くに行けば行くほど綺麗な海になると思っている方も多いようですが実際にはそのようなことはありません。
沖縄本島には地形ポイントや砂地のポイントなど、バラエティーに富んだダイビングポイントが有ることが特徴です。
ビーチエントリーと言って、現地まで車で移動し歩いて海に入れるポイントが多いのも特徴です。船酔いをする方や初めてダイビングをされる方にはお勧めのダイビングスタイルです。ビーチエントリーよりボートエントリーのほうが綺麗な海に行けると思っている方も初心者には多いのですが、エントリー方法と海の綺麗さはあまり変わりません。
ボートエントリーの場合もボートでの移動時間は10分前後のポイントが多く、船酔いしやすい方でも安心できるのではないでしょうか?
ポイントまでのボートでの移動時間が短いため、ダイビングが終わったら直ぐに港に戻るスタイルが多いため安心です。

                

沖縄本島周辺でのダイビングは、船酔いをする方・1回だけのダイビングを考えている方・短時間での開催を希望する方にお勧めになります。また、ポイントの場所が本島中部よりも北側に集中しているため、恩納村などのリゾートホテルに宿泊される方にお勧めのダイビングポイントになります。

                

砂辺(宮城海岸)砂辺の水中 サンゴのお花畑
那覇市内から30分ほどの北谷町宮城にあるダイビングポイントです。堤防沿いには幾つものダイビングポイントが有り、非常に広いダイビングスポットになります。
アクセスが良くビーチエントリーでも楽に入れるポイントになります。
初心者から上級者まで楽しむことが出来るポイントです。
水中はソフトコーラルと呼ばれる柔らかいサンゴが、あたり一面に生息しておりサンゴのお花畑と呼ばれています。そのサンゴの群生は一見の価値があると思います。
ドロップオフにはエビやウミウシ、砂地にはヒレナガネジリンボウやヤシャハゼ、サンゴの群生にはスズメダイの仲間など、水中の景色にも変化があり、生物の種類も豊富です。
気軽に楽しむことが出来るポイントですが、本島を代表するダイビングポイントになります。
・初心者~
・最大深度25m
・流れ:あまり無し

                

崎本部(ゴリラチョップ)崎本部(ゴリラチョップ)景色
北部の美ら海水族館近くにあるダイビングポイントです。
波打ち際にはゴリラがチョップしているような大きな岩があり、通称ゴリラチョップと呼ばれています。
砂浜からエントリーできるため、初心者でも比較的楽に安心して海に入ることが出来ます。
水中は真っ白な砂地に大きな岩が点在し、サンゴやスズメダイの仲間が群れていて癒し系のポイントです。沖縄らしい明るく華やかな水中世界を楽しめます。
潮の流れが少なく初心者でも安心して楽しめる反面、砂地ならではのハゼやチンアナゴ、カエルアンコウ等フォト派のダイバーにもお勧めです。
水深が浅いためシュノーケルにも適したポイントになります。
南に面した海岸になりますので、夏場は透明度が落ちることが多いですが、秋から春にかけては多くのダイバーで賑わっています。
・初心者~
・最大深度10m
・流れ:あまり無し

                

山田山田の珊瑚礁
青の洞窟がある真栄田岬と並び、本島の定番ボートエントリーポイントです。
リーフの影響で波が比較的立ちにくく、多少の波でしたら楽しむことが出来るダイビングポイントでもあります。
広い砂地にサンゴが点在しており、その周りに魚が群れている沖縄っぽい海になります。
日本に生息している6種類すべてのクマノミが見られる事でも有名です。
リゾート地である恩納村にあり、ボートでの移動時間も5分ほどとアクセスが良いため、体験ダイビングの方が多く潜っているポイントです。ポイント自体はとても広く、浅瀬の明るい雰囲気の場所から深場の砂地まで楽しむことが出来ます。
浅瀬にはサンゴが養殖されていたり、深場にはネットで作った漁礁があります。ここには珍しい生物が住み着いている場合もありなかなか面白いポイントです。
・初心者~
・最大深度25m
・流れ:時に流れることがあり

                

万座ドリームホール万座ドリームホール
恩納村の瀬良垣周辺に点在するダイビングポイントの中では一番知名度が高いポイントです。
水深5メートル付近のリーフ上に穴が開いており、その穴を垂直に入っていくと水深30メートル付近まで潜ることができ、そこから横穴を抜けてドロップ沿いに抜けることが出来る地形ポイントです。出口にはたくさんのハタンポが群れており、幻想的な光景を作り出しています。春先にはキンメモドキが群れていることもあり、非常に迫力があるポイントです。
ドロップ下は35メートルと深く砂地にはハゼやニシキアナゴなどの珍しい生物が生息しています。
潮の流れが速く深度もあるため上級者向けのポイントになります。体験ダイビングでは楽しむことが出来ないポイントになります。
・中級者以上
・最大深度40m
・流れ:とても強い場合有り

                

オーバーヘッドロックネムリブカ(ホワイトチップシャーク)
ドロップオフの一部がオーバーハングになっていたり、水平方向にに岩の切れ目があったり地形が面白いポイントです。
ネムリブカやウミガメなどの大物に会える事もあり、大きな生物が好きな方にお勧めです。一方ピグミーシーホースなどのマクロ生物も豊富で、なかなか面白いポイントになります。
リーフ上はハードコーラルが密集しており、写真の被写体も多いポイントになります。
季節にもよりますがロウニンアジなども見ることが出来るかもしれません。このポイントも深度が深く、時に流れもあるため、上級者向けのポイントになります。体験ダイビングでは楽しむことが出来ないポイントになります。
・中級者以上
・最大深度40m
・流れ:強い場合有り

                

ホーシュカマストガリザメ
万座毛のすぐ南にあるダイビングポイントです。浅瀬のリーフ上はサンゴが綺麗で、水深35メートルまで続くドロップオフは迫力満点です。透明度も比較的良い海になりますので、ドロップオフの迫力が一層引き立つのかも知れません。
比較的流れが速く上級者向けのポイントになります。
運が良ければ2メートル近くあるカマストガリザメやウミガメを見ることが出来ます。
透明度も良くサンゴも綺麗なポイントで、マクロが好きな方にもおすすめのポイントです。
ハート形のトンネルや岩の裂け目、迫り出した大きな根など地形ダイビングを楽しむこともできます。
・中級者以上
・最大深度40m
・流れ:強い場合有り

                

クロスライン砂地の生物(セミホウボウ)
浅瀬にはユビエダサンゴやミドリイシなどのサンゴがたくさんあり、深場は真っ白な砂地のポイントになります。
真っ白な砂地にはいくつかのロープが並んでおり、これがクロスラインの名前の由来になっています。
砂地にはおなじみのハゼや時には珍しい生物に出会える事も在ります。
運が良ければウミガメやエイなどの大物に遭遇できることもあるダイビングポイントです。
砂地の生物を探すのが好きな方にはお勧めです。
・初心者~
・最大深度25m
・流れ:多少流れる場合有り

                

ナカユクイナカユクイのカエルアンコウ
ナカユクイというポイント名は、沖縄の方言で「一休み」という意味になります。こちらも砂地の海になり、ゆっくり気楽に潜るのに合ったポイントです。浅瀬には大きなサンゴの群生があり、カラフルな沖縄らしい熱帯魚がたくさん群れています。魚が多く華やかで癒し系のポイントになります。
沖合にはロープやネットで出来た漁礁があり、時には変わった生物がすんでいる時もあります。
水中ライト片手にマクロ生物を探したい方にお勧めです。流れや波が立ちにくいため、初心者でも潜りやすいダイビングポイントです。
・初心者~
・最大深度25m
・流れ:あまり無し

                

大戸海岸インリーフのサンゴアウトリーフの地形
ジョン万次郎が上陸したことでも有名な本島南部にあるダイビングポイントです。
インリーフとアウトリーフの両方を楽しむことが出来ます。
インリーフは水深が浅く波が立ちにくいため、体験ダイビングやシュノーケルに適したポイントです。
サンゴの周りに綺麗なスズメダイが群れているため、初めてダイビングをする方には楽しいポイントです。水深は深いところでも3メートルほどで安心して潜ることが出来ると思います。
アウトリーフは印象ががらりと変わり、沖縄を代表する地形ポイントになります。
水中には穴やトンネルが無数にあり、まるで水中迷路のようなポイントになります。
沖合に出ると大きな立根がありそれを超えると砂地が広がります。
ウミガメやマダラトビエイなどの大物に遭える事も在るポイントです。
アウトリーフまではエントリーが大変なため、体力に自信のある上級者向けのダイビングポイントです。
上の写真はインリーフのサンゴや魚、下の写真がアウトリーフの地形になります。
<インリーフ>
・初心者向け
・最大深度3m
・流れ:あまり無し
<アウトリーフ>
・上級者向け
・最大深度30m
・流れ:水路は強く流れる

                

真栄田ビーチ真栄田ビーチの景色
青の洞窟がある真栄田岬から歩いてすぐのポイントです。
真栄田岬の波が高い時でも比較的波が立ちにくいので、真栄田岬が使えない時によく使われるポイントです。
水中はスズメダイやチョウチョウウオなど、カラフルな魚が多く南国っぽい海になります。
水深が浅く最も深いところでも3メートル前後と浅いので、ダイビングには少し不向きのポイントになります。
初めてのダイビングやシュノーケル限定のポイントのなります。
流れや波が比較的立ちにくいポイントになりますが、満潮時などは突然強い流れが発生する事も在るので注意が必要です。
・初心者向け
・最大深度3m
・流れ:あまり無し

                

レッドビーチレッドビーチのウミウシ
沖縄本島では珍しい東海岸にあるポイントです。
白い砂地やドロップオフが多い西海岸とが全く違った印象のポイントです。
水底が泥に近い砂のため透明度はあまり良くないのですが、そんな環境独特の生物が多く生息しています。中性浮力を上手にとって、泥を巻き上げないように潜りましょう。
沖縄西海岸ではめったに見ることが出来ない生物も居るため、少しマニアックな方にお勧めなポイントになります。
春先には数え切れないほどのウミウシパラダイスになります。1ダイブで20匹以上のウミウシに遭える事も珍しくありません。
綺麗な海に飽きてしまったマクロ派ダイバーやカメラ派ダイバーにはお勧めな海になります。
・初心者~
・最大深度10m
・流れ:あまり無し

慶良間諸島のダイビングポイント

慶良間諸島とは那覇からボートで1時間ほど西側に行ったことろにあるダイビングポイントです。
諸島と呼ばれているだけあり無数の島から成り立った慶良間には、沢山のダイビングスポットが点在しています。
慶良間に近づくとたくさんの島が見えてきて、その中を進む雰囲気はダイビングをしに来た気分にさせてくれます。
ポイントは非常に多いのですが、季節により波の影響で入れるポイントがおおよそ決まります。
行ったことがないポイントに行ってみたい場合には、季節を変えてみるのも良いかもしれません。

                

慶良間でのダイビングには2つのスタイルがあります。
1つ目のスタイルは、那覇からダイビングボートで直接行きダイビングをするスタイルです。日帰りで気軽に楽しめるのですが途中で陸に上がることが出来ません。そのため昼食などもボートの上になり酔いやすい方やゆっくり楽しみたい方には少し不向きです。那覇市内にはビジネスホテルも多く空港からも近いため、お値打ちに慶良間を楽しみたい方にはお勧めのプランです。
2つ目の方法は、フェリーや高速船で慶良間諸島にわたり、現地に滞在してダイビングを楽しむ方法です。
慶良間に滞在しますのでお昼は港に戻ったり、現地のショップでしか行くことが出来ないポイントも多数あります。
慶良間の島は何処も田舎の島になります。1日だけのダイビングを予定している方や夜の町も楽しみたい方には不向きなプランになります。

                

カミグーアオウミガメ
渡嘉敷島の北東側に位置するポイントで、根の上にはリュウキュウキッカサンゴなどが群生しており独特の光景を作っています。
少し深場に移動すると真っ白な砂地に覆われ、その中に小さな根が点在しています。
5種類のクマノミを見ることが出来たり、2種類のウミガメ(アオウミガメ・タイマイ)に遭遇する可能性も高く、初心者から上級者まで楽しめるポイントです。
潮の流れの少ないため安心してゆっくりとダイビングをしたい方にもおすすめ出来るダイビングポイントです。
・初心者~
・最大深度20m
・流れ:あまり無し

                

野崎ユビエダ珊瑚
渡嘉敷島の北西に位置するポイントで、慶良間を代表するサンゴの群生ポイントです。
ユビエダサンゴがあたり一面を覆いつくしており、デバススメダイを初めとするスズメダイの仲間が群れ華やかな水中世界を作っています。
マクロ生物もたくさん生息しており、初心者から上級者まで楽しめるダイビングポイントです。運が良ければウミガメ(アオウミガメ・タイマイ)に遭遇する事もある、慶良間を代表するダイビングポイントです。
珊瑚と砂地のポイントになりますので、中世浮力を取ってサンゴを壊さないように泳ぎましょう。
・初心者~
・最大深度20m
・流れ:あまり無し

                

唐馬No2(トウマ)クマドリカエルアンコウ
砂地が多い慶良間のポイントの中でも、特に白い砂地が綺麗なダイビングポイントになります。
広く続く白い砂地の中に根があり、ミドリイシやテーブルサンゴが綺麗なポイントです。
薄い青色をしたデバスズメダイがサンゴの周りを何百匹も群れており、ダイバーが近づくとスーとサンゴに隠れる姿はとても癒されるはずです。
砂地のポイントらしく人気のガーデンイールやジョウフィッシュを見ることができ、レアな生物も多く生息しています。流れもあまりなく北風が強い冬場にも行くことが出来るポイントで、初心者から上級者まで満足する事が出来るはずです。
・初心者~
・最大深度25m
・流れ:あまり無し

                

ドラゴンレディヨスジフエダイ
座間味島の東端の南側にあるダイビングポイントです。
1989年の映画「彼女が水着にきがえたら」の撮影のために沈められた飛行機がそのまま水中に残されています。その飛行機の名前から「ドラゴンレディ」というポイント名が付きました。残念ながら20年以上経過した飛行機の機体はバラバラになっており、現在は殆どその面影を見ることが出来ません。
ポイント自体は白い砂地の癒し系のポイントで、スカシテンジクダイやヨスジフエダイが群れていたり、マクロ好きのダイバーにも楽しんで頂ける生物が多いポイントになっています。
・初心者~
・最大深度35m
・流れ:あまり無し

                

黒島北ツインロックロウニンアジ(GT)
渡嘉敷島から少し離れた北側にあるポイントです。ボート上から見ることが出来る2つの小さな露出岩の周りをまわるポイントになります。
岩の周りのポイントになりますが、水底は50メートルほどあり潮の流れもかなり早いので、体力が有る上級者向けのポイントになりドリフトダイビングで潜ることが多くなります。
浅瀬にはサンゴが広がり沖に向かうと深度が深くなっていきます。
運が良ければハナダイやグルクンの群れ、イソマグロやネムリブカなどの大物に会える確率も高いダイビングポイントです。
・上級者
・最大深度30m
・流れ:非常に強い場合有り

                

ウチザン礁オニイトマキエイ(マンタ)
前島と渡嘉敷島の間に位置する露出岩付近のポイントです。
潮の流れが強くなる時がありドリフトダイビングで潜ることが多くなるポイントです。中上級者向けのポイントになりますが、大物の出現率も高い慶良間を代表するダイビングポイントになります。
ロウニンアジやバラクーダの群れは高確率で見ることができ、ネムリブカが隠れていることもあります。
季節にもよりますがマンタも度々現れるなど、迫力ある大物に有ってみたい方にはお勧めのポイントです。
・上級者
・最大深度25m
・流れ:非常に強い場合有り

            

その他のダイビングポイント

沖縄本島周辺には船で気軽に行ける離島がいくつかあります。

本島北部の水納島や伊江島は、距離も近く気軽に行くことが出来る離島です。
少し距離は遠くなりますが、久米島や粟国島も十分行くことが出来る距離の離島になります。
離島にはそれぞれに個性的なポイントがあり、遠征してみるのも面白いと思います。

                

本島からは気軽に行くことが出来ない離島も沢山あります。
石垣島や宮古島は飛行機のアクセスも良く行きやすい離島です。少し足を伸ばせば西表島や与那国島もお勧めのダイビングスポットです。
アクセスは悪いですが大東島や波照間島なども見逃せない離島になります。

                

沖縄には意外と離島が多くあります。機会があったらダイビングを是非楽しんで頂きたいと思います。