沖縄 真栄田岬を写真・画像で紹介

> 真栄田岬 陸上の写真
沖縄 真栄田岬を写真・画像で紹介

沖縄 真栄田岬を写真・画像で紹介

真栄田岬と言えば青の洞窟が有名ですが、陸上も絶景スポットになっています。

沖縄 真栄田岬の写真と画像

                

沖縄の真栄田岬は陸上が公園のように整備されており、景色を楽しみに来る方も多く居ます。
透明度が良い海は陸上から見ても真っ青に染まり、ダイビングやシュノーケルを楽しんでいる方を陸上から見る事も出来ます。
切り立った崖は沖縄特有の琉球石灰岩で出来ており、その景色を見るだけでも沖縄の自然の凄さを感じる事が出来ると思います。
真栄田岬の海は一年を通して透明度が良い海になります。そのため、陸上から見ても水中の地形が確認することが出来、沖縄の海の中の雰囲気を知ることが出来るのではないでしょうか?

                

真栄田岬周辺は遊歩道が整備されており、歩いて岬の西側や東側にも行く事も出来ます。
岬の西側は殆ど人が来ないばかりか、切り立った岩場や岬の先端付近まで立ち入ることも可能です。真栄田岬周辺にある溶岩のような岩は、琉球石灰岩と呼ばれる岩で、サンゴ礁が長い年月をかけて岩になったものです。そのため、小さな穴が開いていたり、浸食されて鋭くとがった部分もあり、南国ならではの雰囲気が味わっていただけるのではないでしょうか?遊歩道から外れると足元が悪い所もありますので十分注意して景色を楽しみましょう。周りには貴重な植物もたくさん自生しています。水中以外でも自然を傷つけないように注意して楽しみましょう。
岬の逆側は西向きになるため、夕日が沈む景色を見ることが出来ることでも有名です。岬の先端付近から夕陽を見た場合には、何もない東シナ海に沈む夕日を見ることが出来ます。
写真の撮影スポットにもなっていますので、興味がある方はぜひ行ってみてください。
夏の沖縄は晴れの日が多いのですが、亜熱帯特有の気候のためか意外に雲も多くなります。雲に隠れず海に沈む夕日を見ることが出来る日は、意外にも少ないので見られればラッキーくらいの気持ちで見てくださいね。
岬の東側はジャングルのような森の中に遊歩道が伸びています。所々海が見える場所があるのですが、切り立った崖の上になりますので、高いところから海を見下ろすような感じになります。
ちなみに海を見るときや写真を撮るときは、太陽の位置により海の色が異なります。
逆光になる場合は水面に光が反射し、黒っぽい海にキラキラ光が反射して見えます。
太陽が高い位置にあるときは水中に最も光がたくさん入りますので、海の色が最も青く見ることが出来ます。
南国らしい青い海を見たい場合や写真を撮りたい場合には、お昼前後の時間帯がお勧めです。

                

岬周辺は自然が手つかずの状態で残されているため、パイナップルのような実がなるアダンや、白い花を咲かせるクサトベラなどの植物が群生している、沖縄らしい海岸線を楽しむことが出来ます。青の洞窟を楽しみに真栄田岬に行ったら、周りを散策してみるのも楽しいかもしれません。

真栄田岬陸上 写真ギャラリー