真栄田岬の魚と生物の写真・画像

> 真栄田岬の魚 写真
真栄田岬の魚と生物の写真・画像

沖縄 真栄田岬で見られる魚と生物の写真・画像

青の洞窟で有名な真栄田岬ですが、綺麗な魚や変わった生物もいっぱいです。

沖縄 真栄田岬で見る事が出来る魚と生物

                

真栄田岬は沖縄を代表するシュノーケルやダイビングのスポットになっています。
青の洞窟が有名ですが、魚の種類や生物の多さも沖縄でトップクラスの海になります。シュノーケルや体験ダイビングなど初心者の方でも、南国っぽいカラフルなチョウチョウウオやスズメダイの仲間、大きなツバメウオや細長いヤガラの仲間などを簡単に見ることが出来ます。
季節によってはウミウシやコブシメ、日によってはイワシの大群やグルクマの群れなどをみる事が出来るなど、季節や日々の違いがあるのも真栄田岬の魅力なのかもしれません。
アクセスも良く気軽に楽しめるダイビングポイントのため、初めてシュノーケルやダイビングをする方でも気軽に楽しんで頂けるでしょう。

                

青の洞窟と聞くと初心者が多いイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、ベテランダイバーや写真派ダイバーにも人気のダイビングポイントになっています。
真栄田岬のダイビングポイントはかなり広く、水中は変化にとんだ地形になっています。
真栄田岬に訪れるダイバーの大半は、ビーチエントリーで使う階段を降りて右側にある、青の洞窟方面に向かいます。こちらがは、なだらかに深くなる地形のため、スズメダイの仲間やハダカハオコゼ、ヨウジウヲの仲間を見ることが出来ます。また、外洋に面した海になりますので、イワシやサバの仲間などが大きな群れになって現れる事も在ります。
階段を下りて右側は30メートル付近まで続くドロップオフになっており、ドロップオフ沿いにはウミウシやエビ、カニの仲間も多く生息しています。ドロップ沿いのガレ場には、ジョウフィッシュの仲間に出会える時もあります。深場は砂地になっており、ヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼがかなりの個体生息しています。珍しいハゼとしては、ミナミホタテツノハゼも観ることが出来ます。最近は知名度も上がったチンアナゴなども数多くみることが出来ます。
階段を下りて正面の深場を進んでいくと左右に細長い根が現れ、アオウミガメを高確率で見ることもできます。運がいい場合には、マダラトビエイやヤッコエイなどに遭遇することもあります。
真栄田岬周辺は透明度も高く、レアな生物も多いためベテランダイバーにも人気のダイビングスポットになっています。

真栄田岬魚 写真ギャラリー