ダイビングライセンスについて

> ダイビングライセンス
ダイビングライセンス

ダイビングライセンスの種類やランクの違い

分かりにくいダイビングライセンスの種類やランクの選び方

ダイビングライセンスとはどんな物?

                

ダイビングライセンスとは、ダイビングの認定書の事を言います。
正式名称はCertification Cardと言い、通常はCカードと呼ばれています。
「ダイビングライセンス」と「Cカード」は呼び方が異なるだけで同じものとお考えください。

                

ダイビングライセンスを取得するとダイビングショップが主催しているファンダイビングというコースに参加できるようになります。
ダイビングライセンスが無くても体験ダイビングには参加する事が出来ますが、最低限の知識しか講習を行わない体験ダイビングでは、インストラクターの手がすぐに届く場所にいる必要があるとともに、最大深度が12mまでに制限されます。
それ以外にもコンディションが制限されたり、ナイトダイビングや沈船などのケーブダイビングが出来ないなど、多くの制限があります。
自分で泳いでダイビングを楽しみたい方や、深い海にも潜ってみたい方はダイビングライセンスの取得をお勧めします。
体験ダイビングで行くことが出来る海は、全ダイビングポイントのほんの数パーセントになります。

                

ダイビングライセンスは、ダイビングショップなどで、2~3日間の講習を受けることで取得する事が可能です。
取得後は年会費や更新等は一切なく、一度取得すれば一生使用する事が出来ます。(インストラクター等のプロ向けのライセンスは、更新料や年会費が必要になります。)
また、多くのダイビングライセンスは世界統一基準で行われており、世界中の海でダイビングをすることが出来るようになります。

                

取得後はお金が掛からず面倒な手続きも無いため、興味がある方には気軽に取得できるライセンスになります。

ダイビングライセンスの種類について

                

ダイビングライセンスには色々な種類があって、どれを取ったら良いのか分からない方も多いと思います。
簡単に言うと「ダイビングライセンスを発行している会社(ダイビング指導団体)」がいくつかあり、その中に「ライセンスのランク」がいくつかあるとお考えください。

                

ダイビングライセンス種類

                

ダイビングライセンスは、国等が発行している国家資格ではなく、民間の会社(ダイビング指導団体)が発行している認定書になります。
その為、ダイビング指導団体が複数あり、それぞれが独自にライセンスを発行しています。
逆に国家資格では無いため世界共通の内容で行われており、世界中の海でダイビングが出来るメリットもあります。
「PADI」「NAUI」「SSI」「CMAS」などの名前はダイビング指導団体の名前(ダイビングライセンスを発行している会社)とお考えください。
現在「PADI」と「NAUI」が圧倒的なシェアを握っています。

                

PADI JAPANホームページ
NAUI JAPANホームページ
ダイビング指導団体による講習内容の違いはあまりないように感じます。
基本的には「取得するダイビングライセンス」とは「異なるダイビング指導団体のショップ」でもファンダイビングに参加することが出来ます。
例えば「PADI」でライセンスを取得し、「NAUI」のダイビングショップでも潜ることが可能です。
ただし、「マイナーなダイビング指導団体のライセンス」の場合や「国内のみで活動している指導団体のライセンス」では、使用できない場合もあります。
このような理由から「PADI」「NAUI」などの世界的に通用する大手のライセンスを取得すると安心です。

                

ダイビングライセンスには、色々なランクがあります。
ダイビングライセンスには、トレーニングのレベルによりランクが何個も設定されています。
このランクはエントリーレベル(初心者向)からプロレベルまでいつくかあり、エントリーレベルから順番に取得していかないといけません。
「オープンウォーターダイバー」や「アドバンスドオープンウォータ」などの名前は、ダイビングライセンスのランクとお考えください。
ダイビング指導団体により呼び方は異なりますが、PADIの場合は初めに取得するライセンスは、「オープンウォーターダイバー」次が「アドバンスドオープンウォーター」になります。

                

ダイビングライセンスを持っている方の半数以上は「オープンウオーターダイバー」のみであり、「アドバンスドオープンウォーター」まで取得すれば趣味でダイビングを楽しむには十分だと思います。

取得にかかる日数と難易度

ダイビングライセンスと聞くとなんだか難しく感じ取得できるか心配な人や、時間やお金が掛かると思っている方も多いと思います。
取得する時間はランクにより異なりますが、初心者向けの「オープンウオーターダイバー」は通常は3日間で取得する事が可能です。取得料金も3日間体験ダイビングをするのとあまり変わらないダイビングショップもあるため、何度か体験ダイビングをするのであれば取得を考えても良いのではないでしょうか?

ダイビング講習風景
ダイビングの知識やスキルを身につけるには、経験上最低でも3日間は必要と感じます。2日間で開催しているダイビングショップは料金も安い場合が多いのですが、講習自体がいい加減になりがちです。取得後の事を考えた場合避けたほうが良いでしょう。
ダイビングライセンスは取得後に安全にダイビングが出来るようになることが目的です。取得後はある程度できるだろうとインストラクターにも判断されるため、料金だけでなく講習内容がしっかりしているお店を選ぶことが非常に大切です。

ダイビングライセンスの試験内容は、「学科試験」「限定水域講習」「海洋講習」の3つに大きく分けられます。
学科試験とはテキストを利用しダイビングに必要な知識や危険性を学習します。最後にテストを行い合格点に達している必要があります。
限定水域講習とは、プールや海の浅瀬を利用して、ダイビングに必要なスキルや器材の使い方を身に着けます。
海洋実習では、学科試験と限定水域講習で身に着けたものを、実際の海で応用できるかを確認する講習になります。

                

ダイビングライセンスは、合格や不合格を判断する試験とは少し異なります。教えてもらったことを順番に身に付けて行き、最終的に全ての項目が出来るようになったら認定と言うスタイルです。その為、初めは出来なくてもOKで、出来ない事があったら出来るまで教えてくれるので安心して参加が出来ます。
内容的にはそれほど難しい物ではなく、水への恐怖心が大きい人以外は問題なく取得できると思います。
ライセンスのランクにもよりますが、通常は10歳から取得が可能な場合が多いようです。
ただし、認定の基準は大人も子供も同じですので、お子様の場合は少し難しく感じるかもしれません。
個人的な意見としては、お子様は覚えたことを忘れてしまったり、海で行かせない場合が多くみられます。そのため、中学生(12歳)以上になってから取得する事をお勧めします。

取得にかかる料金の相場

                

オープンウオーターダイバーを取得するのに必要な料金は、ショップによって大きく異なります。
東京や大阪などの都市部にあるショップは、通うのが楽な反面海までの移動に時間が掛かる事から、10万円前後が相場になっていると思います。
沖縄や海外などのリゾート地は泊りで行かないといけませんが、3~5万円ほどと安く取れるショップが多いようです。
沖縄などのリゾート地ではショップから海までの移動が短時間で済み、講習を効率的に行える事と、お客様の人数が圧倒的に多いことから料金がお値打ちなショップが多いと考えられます。

                

ダイビングショップの中には、取得に掛かる費用の総額で表示しているショップもあれば、申請料・教材代・機材レンタルなどが別途かかるショップもあります。そのため、必ず総額で比較する必要があります。
個人的には総額で表示しているショップが、料金も分かりやすく良心的なショップだと思われます。
ダイビングショップの中には器材の購入が前提であったり、強く購入を勧められるショップも多くあります。全ての器材を揃えると100万円近くかかることもありますので、よく考えてショップを選びましょう。
リゾートに行ったときのみダイビングを考えている方は、レンタルでも十分楽しめると思います。器材の購入まで考えていない方はダイビングショップを選ぶ時に注意が必要になります。

                

ダイビングライセンスの取得と考えるとめらう方も居るかもしれませんが、ライセンスの取得中も海に潜り楽しむ時間も多くあります。
今後もダイビングをする機会がある方は、取得してみるのも良いのではないでしょうか?

ダイビングライセンスと潜水士免許の違い

                

潜水作業
ダイビングライセンスと区別が付きにくい潜水士という資格もあります。
ダイビングライセンスは民間の団体が発行している認定書であるのに対し、潜水士は国が発行している国家試験になります。
これだけ聞くと潜水士の方が良いように感じる方もいるかもしれませんが、ダイビングライセンスと潜水士は目的も試験内容も大きく異なります。
ダイビングライセンスはあくまでも趣味でダイビングをするときに必要になる認定書になり、仕事でダイビングをすることは出来ません。趣味(レジャー)でダイビングをする方はダイビングライセンスを取得するとお考え下さい。
潜水士資格は職業として潜水業務を行うときに必要になる資格になりますが、筆記試験のみで実技試験がありません。そのため、潜水士資格を持っていても趣味でのダイビングに参加する事は出来ません。

                

ダイビングライセンスと潜水士免許の違いを簡単に言うと、
趣味でダイビングを楽しむ場合は「ダイビングライセンス」
仕事として潜水業務を行うときは「潜水士免許」が必要になります。
ダイビングのインストラクターなどの場合は、仕事としてダイビングをしているため、「インストラクター」などのダイビングライセンスと「潜水士免許」の両方が必要になります。