沖縄の海に生息する危険生物

> 海の危険生物
沖縄の海にいる危険生物

海の中にいる毒を持った生物や危険な生物

沖縄の海で見かける危険生物と対処法を紹介。

沖縄の海には危険な生物も生息しています。

                

シュノーケルやダイビングの楽しみの一つには、海の生き物を見る事ではないでしょうか?
海に中には多種多様の生物が生息しており、陸上では見られない多くの生物を見ることは楽しいものです。
海の中では太陽の光が届く場所に生物が集中しており、沖縄でシュノーケルやダイビングを行う珊瑚礁には、非常に多くの生物が生息しています。

                

シュノーケルやダイビングで見られる綺麗な魚や生物はとても魅力的ですが、生物が多いということは危険な生物がいる可能性も高くなります。
棘や剣を持った生物は水中には非常に多く生息しており、中には強い毒を持った生物も生息しています。
危険な生物は海で見られる生き物のほんの一部ですが、十分な知識をもって注意して海を楽しむ必要があります。
青の洞窟がある真栄田岬も例外ではなく、危険生物を見かけることも多くあります。

                

海にいる危険生物から身を守るためには、まずは危険生物を見分ける必要があります。このページで紹介している生物は、沖縄の海で多くみられる危険生物です。
海の危険生物は深い場所にいるわけではなく、足が付く浅瀬にも多く生息しています。
深い場所や陸から遠い場所に行かないから大丈夫ではありません。シュノーケルや磯遊び、海水浴をするときも、十分注意して楽しむ必要があります。

                

海の危険生物のほとんどは、攻撃的な性質を持っている訳ではありません。自らの危険を感じたときに、防衛本能により人に危害を加える生物がほとんどです。
そのため生物に触れたり脅かしたりしない限り、危険性はそれほど高い訳ではありません。
海の生物の生活場所にお邪魔している気持ちをもって海を楽しむことが大切です。

沖縄の海で見られる【毒が有る危険生物】

                

毒がある危険生物の中には、チクチクしたりヒリヒリするなど、比較的毒性が弱い生物が大半を占めます。
ただし毒性が弱い生物だけではなく、非常に強い毒性を持った生物も少なからず生息しています。人が刺されると、場合によっては命の危険にかかわる毒を持った生き物も生息しています。
ここで紹介する危険生物は、比較的毒性が強い生物になりますので、十分注意して海を楽しみましょう。

                

ハブクラゲハブクラゲ
ハブクラゲは沖縄の海洋生物の中で最も被害が多い生き物になります。
本州でよく見られるミズクラゲなどと比べると、非常に毒性が強いクラゲになります。
傘の大きさは10~15センチほどですが、毒がある触手は1メートル以上の長さに達します。
クラゲの仲間になりますので、動きは遅いのですが、半透明で触手も長くなるため、気付かずに触れてしまい刺されるケースが多く発生したいます。

干潮時の潮だまりや海の浅瀬にも多く見られますので、海水浴やシュノーケル中の被害が多い特徴があります。人工ビーチなど流れが無く淀んだ海に多く見られる傾向があります。
ハブクラゲは非常に強力な毒を持ち、獲物を一瞬で殺す力を持っています。この毒の影響は人間にも強力に作用し、刺されたところがミミズ腫れや水ぶくれを起こし激痛が走ります。
最悪の場合は呼吸困難や心停止を起こし、死亡する可能性もある危険生物です。過去には3名の子供がハブクラゲによりなくなっています。
ハブクラゲの毒は、触手にある刺胞と呼ばれるカプセルのような物の中に入っており、刺激を受ける(触れると)と毒針が飛び出します。
万が一刺された場合には、お酢により触手を洗い流すことが有効ですが、応急処置に過ぎません。
特に子供が重症化するケースが多いようですので、医療機関に行くようにしましょう。

遭遇率:非常に高い
毒性:かなり強い
被害場所:ビーチなどの浅瀬

                

カツオノエボシカツオノエボシ
ハブクラゲと同じように浮遊する生物で、クラゲと似た特徴を持っていますが、生物学的には全く異なる生き物です。
大きさは10cmほどで透き通った藍色の浮き袋を持っています。中には二酸化炭素が詰まっており、通常は海面に浮かんで風により移動しています。浮き袋は常に膨らんでいるわけではなく、一時的にしぼんで潜っている場合もあります。触手は長いもので50センチほどになります。

カツオノエボシは普段沖合を漂っていますが、風によって海岸近くまでくることがあり、このとき被害が起きやすい生物です。
殆どの場合は水面に浮かんでいますので、シュノーケルや海水浴での被害が多いようです。場合によっては砂浜などに打ち上げられている場合もありますので、磯遊びなどでも注意が必要です。
触手に強力な毒があり、刺されると強烈な電撃を受けたかのような激痛があります。刺された場所は腫れ上がり、痛みは長時間続きます。アナフィラキシーショックなどで、死亡例もあるため注意が必要な危険生物です。

遭遇率:やや高い
毒性:かなり強い
被害場所:主に水面

                

オコゼ・カサゴオコゼ
水底にじっとしており、岩などに擬態しており、初心者には非常に分かり難い外見をしています。
砂地の海では砂にもぐったり、体に砂をかけ隠れている場合もあるので注意が必要です。
大きさは最大で30センチほどですが、数センチしかない子供も多く見かけます。
背びれの棘に強力な神経毒を持ち、過去には死亡例も報告されています。
複数の種類が生息していますが、写真のオニダルマオコゼと呼ばれる種類は、非常に強力な毒を持ち、ハブ毒の30倍や地球上最強の生物毒を持つ生物の1つと言われています。

非常に擬態が上手で、人勝近づいても逃げないため、誤て踏んでしまったり掴んでしまって刺される場合が多いようです。針は非常に硬くビーチサンダルなどでは防ぐことが出来ません。マリンブーツを履いていても貫通する場合がりますので注意が必要です。
生息場所は数十メートルの深い場所から、ひざ下までしか水深が無い浅い場所など、様々な場所に生息しています。
万が一刺された場合には、神経毒で体が痙攣して溺れないために、海からすぐに上がる必要があります。
毒の主成分はタンパク質ですので、45度以上のお湯につけるとで毒性を和らげることが出来ます。
上記はあくまでも応急処置ですので、刺されてしまった時は可能な限り早急に医療機関で受診することをお勧めします。

遭遇率:非常に高い
毒性:もっとも強い
被害場所:浅瀬を中心に深場でも

                

ミノカサゴミノカサゴ
上記で説明したカサゴの仲間ですが、見た目がヒラヒラしており水中を泳いでいるなど、姿や形に大きな違いがあります。
ミノカサゴにも複数の種類がありますが、岩陰や水底付近を漂うように泳いでいる場合が多い魚です。背びれの棘に毒を持つなどの特徴はカサゴの仲間と共通です。
大きさは成魚で30センチほどですが、10センチほどの子供も良く見かけます。泳ぎはあまり早くありませんが、気が強く危険を感じると向かってくることもあるので注意が必要です。

見た目が綺麗なため触ろうとして刺される事や、捕まえようとして刺される事が多い危険生物です。
分かりやすい外見をしていますので、知識があれば触らないともいますが、好奇心が強い子供などは注意が必要です。
万が一刺された場合の対応は、オコゼやカサゴに刺された場合と基本的に同じです。

遭遇率:非常に高い
毒性:かなり強い
被害場所:岩場の影など浅瀬でも注意

                

ウミヘビウミヘビ
ウミヘビの仲間は、沖縄でも複数の種類が生息しており、クロガシラウミヘビやイイジマウミヘビなどは非常に良く見かけます。
大きさは30~100センチほどで、ヘビそのものの姿をしており、白黒のシマ模様の種類が多い。
ウミヘビはその名前の通り、水中に生息しているヘビの仲間です。通常は水底付近にじっとしていることが多いのですが、呼吸のため水面まで泳いでくる事もあります。
ウミヘビはコブラの仲間と考えられており、非常に強力な神経毒を持っています。

性格はおとなしく人に向かってくる事は殆どありませんが、身の危険を感じた場合には噛まれることもあります。
噛まれた場合には痙攣やしびれが起き、呼吸や心停止を起こし死亡する可能性もあるため注意が必要です。
海で噛まれた場合には、痙攣により溺れる可能性がありますので、速やかに陸に上がり医療機関に行くようにしましょう。
一説によるとハブの70倍の毒を持っていると言われており、地球最強の毒を持つ生物と例えられています。


遭遇率:非常に高い
毒性:もっとも強い
被害場所:海水浴、シュノーケル、ダイビング

                

ヒョウモンダコヒョウモンダコ
熱帯の海に生息する小型のタコで、大きさは10センチほどしかありません。
沖縄には以前から生息していましたが、近年は海水温の上昇からか、関東や北陸地方でも目撃されるようになりました。
ヒョウモンの名前の由来通り、体に青紫色の綺麗な斑点があるのが特徴です。他のタコと同じく、体の色を瞬時に変化させることができ、刺激を受けた時のヒョウモンは分かりやすいのですが、通常は分からないことも少なくありません。

小さなタコで珊瑚礁や潮だまりなどの浅瀬に生息しており、海で遊ぶ場合には注意が必要な生物です。毒があるタコとは思わずに捕まえてしまい噛まれるケースが多いようです。
唾液にはテトロドトキシンというフグと同じ毒が含まれており、噛まれた場合には中毒を起こし死亡する可能性もあります。

遭遇率:やや低い
毒性:かなり強い
被害場所:珊瑚礁や潮だまり

                

エイの仲間アカエイ
沖縄には複数のエイが生息しており、アカエイやマダラトビエイなどはよく見かける種類です。
エイの仲間は基本的におとなしく、襲ってくることはありません。アカエイなどは砂地に潜って隠れている場合もあるので、誤って踏んでしまったり脅かした場合などに刺される可能性があります。
エイの毒はしっぽの付け根にある針にあり、タンパク毒を持っています。刺されると腫れあがり、細胞が壊死する場合もありますので注意が必要です。

沖縄ではそれほど頻繁にみられる生物ではありません。
通常は水深4~5メートル以上の場所に生息していますが、稀に水深1メートルほどの浅場まで入ってくることもあります。エイを見かけた場合には、脅かさないように立ち去れば通常は刺されることはありません。
万が一刺された場合には、45度以上の温水に付けることにより、無毒化する応急処置をしましょう。

遭遇率:低い
毒性:強い
被害場所:ある程度深い場所

                

ゴンズイゴンズイ
ゴンズイは海水に住むナマズの仲間で、口元にあるヒゲと黄色いラインが特徴です。
成魚は30センチほどになるのですが、海の浅瀬では体長5~10センチほどの幼魚が、群れで泳いでいる所をよく見かけます。ゴンズイ玉と言い幼魚の時は群れになる性質があります。
背ビレ、胸ビレに毒があるので注意が必要です。

おとなしい性格のため、通常襲ってくることはありませんが、ボールのように塊りになり水底を泳いでいる姿が可愛く、触ろうとして刺される場合が多いようです。
数十センチの浅瀬にいる場合もありますので、好奇心が強い子供などは注意が必要です。刺された場合には、タンパク毒であるため、45度ほどのお湯に付けて解毒する、応急処置が有効です。

遭遇率:やや高い
毒性:強い
被害場所:比較的浅い海

                

オニヒトデオニヒトデ
全身針に覆われたような外観をしているヒトデの仲間です。色は個体差がありますが、黒色から赤っぽいモノをよく見かけます。
大きいものはかなり大きくなり、直径60センチほどのなります。体表に無数の毒棘が生えており、ヒトの皮膚に刺さると毒素によって激しい痛みを感じます。アナフィラキシーショックによって重症に陥ることもあり、場合にっては死に至る可能性もあります。
珊瑚礁や比較的浅瀬でも多くみられますので注意が必要です。

ヒトデの仲間ですので、水底を極ゆっくり移動するため、オニヒトデから襲ってくることはありません。
水底に手を着いた時や、岩にあいだなどに手を入れた時などに刺されることが多いようです。
刺された場合の対応は、なるべく早く血液を吸引し患部を温める応急処置をし、医療機関に行きましょう。

遭遇率:やや高い
毒性:かなり強い
被害場所:ビーチなどの浅瀬

                

イソギンチャクの仲間ウンバチイソギンチャク
イソギンチャクの仲間には毒を持った種類が多くいます。比較的弱い毒しか持たないものから、かなり強い毒を持つものまでさまざまです。
沖縄の海で特に危険毒性が強く、危険なイソギンチャクは次の3つになります。
・ウンバチイソギンチャク:画像のイソギンチャクです。一見イソギンチャクに見えない姿をしていますが、最も危険なイソギンチャクの一つです。刺されると非常に痛く、火傷のような跡が残ります。海外では死亡例もある危険なイソギンチャクです。
・スナイソギンチャク:砂から触手がたくさん生えた見た目をしたイソギンチャクで、カラーバリエーションがあり綺麗な見た目をしていますが、強い毒を持ったイソギンチャクの一つです。
・ハナブサイソギンチャク:こちらも砂から生えている木のような見た目をしており、大きさは20センチほどになる大型のイソギンチャクです。触れると砂の中にスッと隠れてしまうイソギンチャクです。毒性は強く激しい痛みがあり、火傷のような跡が残ります。
イソギンチャクは世界に800種以上いると言われており、全ての毒性を覚えることは出来ないため、分からない時には触れないようにしましょう。

遭遇率:高い
毒性:種類によりかなり強い
被害場所:種類により様々

                

アンボイナ(イモガイ)アンボイナ
5~10センチほどの貝殻をもつ巻貝の仲間です。アンボイナはイモガイの仲間であるため、毒がある貝で紹介されるイモガイと、基本的に同種と考えて問題ないと思います。タガヤサンミナシガイも同じような毒を持つ巻貝になります。
イモガイ類はコノトキシンという神経毒を持っており、なかでもアンボイナは死亡や重症者が多い傾向にあります。毒性の強さはコブラの30倍以上とも言われており、刺された場合は一刻も早く心臓に近い所を紐などで縛って毒を吸い出し、ただちに医療機関を受診する必要があります。
毒の強さから殺人貝と呼ばれることもあるくらいです。

磯遊びや潮干狩りなどでも見かけることが多のですが、毒があるとは思わず触ってしまい刺される場合が多いようです。綺麗な模様がある貝殻をしていますが、誤って触らないようにしましょう。
初心者には毒が無い貝と見分けがつかない場合もありため、毒がある可能性がある生物には触らないようにしましょう。

遭遇率:高い
毒性:非常に強い
被害場所:ビーチなどの浅瀬

                

ウニの仲間ガンガゼ
ウニは食用にされているため、毒がないというイメージがあるようですが、種類によっては毒があるウニもいるため注意が必要です。
写真のウニはガンガゼと呼ばれ、20センチほどある細長い棘が特徴です。この棘に毒があり、刺されると痛みとともに腫れあがります。場合によっては重症化する可能性もありますので注意が必要です。
比較的浅い場所にも生息しており、昼間は岩の間などに隠れている場合もあります。
その他にはイイジマフクロウニという厚みが薄いウニにも毒があります。刺されると激痛が走り赤く腫れあがる場合もあります。
洞窟や岩陰など薄暗いところに多く生息しているウニになります。

遭遇率:高い
毒性:中程度
被害場所:深度に問わず

                

珊瑚の仲間珊瑚
サンゴと聞くと岩みたいな植物と思う方も多いと思いますが、サンゴは植物ではなく動物になり、クラゲやイソギンチャクに近い仲間になります。
そのためサンゴにはクラゲのように、刺胞(しほう)という小さな毒針をもち、プランクトンを捕まえたり、身を守ったりする刺胞動物になります。
多くのサンゴは毒性はあまり強くなく、触れるとヒリヒリする痛みを伴い、赤くカブレる程度で済むことが大半です。
ファイヤーコーラルに代表される一部のサンゴでは、触れると火傷をしたような痛みを伴うサンゴもあります。こちらのサンゴも数日間は赤くカブレ強いかゆみを伴います。

遭遇率:やや高い
毒性:種類により強い
被害場所:珊瑚礁などの浅瀬

                

アイゴの仲間アイゴ
アイゴは沖縄ではありふれた魚で、いろいろな種類が存在し、種類により大きさや色なども異なります。通常は20~30センチほどの個体を多く見かけます。
沖縄でビン詰めになった、塩漬けの小さな魚を見た事はないでしょうか?スクガラスとよばれ販売されているのは、アイゴの稚魚になります。
背ビレ、尾ビレ、胸ビレの棘に毒があり、刺されると痛みとともに腫れたり、関節痛を起こすことがあります。
沖縄の海では多く生息していますが、海で泳いでいて刺されることは殆どなく、捕まえたりしない限りは危険性は低いので必要以上に心配する必要はありません。釣りなどで刺される場合が多いので注意しましょう。

遭遇率:非常に高い
毒性:中程度
被害場所:釣りなどで多い

沖縄の海で見られる【毒が無い危険生物】

                

海の危険生物は毒がある生物だけではありません。
軽い切り傷や刺し傷の危険性がある生物だけでなく、大きなケガをする可能性がある危険生物も生息しています。
ウニのように見た目で分かる生物ばかりでなく、見た目は危険と感じない生物も居ますので注意が必要です。

                

ダツダツ
沖縄近海の海に多く生息しており、シュノーケルや海水浴でも遭遇率の高い魚になります。
水面ギリギリを群れで泳ぐ魚で、サヨリやトビウオに近い仲間になります。
通常泳いでいる時には無害ですので、近くに泳いでいてもあまり注意しなくても問題ありません。
ダツは光に向かい勢いよく飛ぶ性質があり、夜間などに水面にライトなどの光を当てると人に飛んでくる場合があります。
細長い体と鋭いくちばしが、人の体に突き刺さることもあります。夜間に海面付近にライトを近づけたりすると、突き刺さってくる場合がありますので注意が必要です。
浅瀬に多く生息しており、水面から飛び出し飛んでくるため、海に入っていない時にも注意が必要です。

遭遇率:かなり高い
危険度:夜間は比較的高い
被害場所:海面上

                

ウニに仲間ウニ
毒がある危険生物で紹介した、ガンガゼやイイジマフクロウニ以外にも、たくさんのウニが生息しています。
特に岩場の浅瀬には、足の踏み場もないほどのウニが生息している所も多くあります。
これらのウニは毒はなく、岩の窪みに入っていますので、マリンブーツを履いていれば刺されることはありません。
転んで手を着いた時などに棘が刺さると、中で棘が折れてしまい取れなくなってしまいます。
ウニがいるところでは手をつかないようにしましょう。

遭遇率:非常に高い
危険度:低い
被害場所:浅瀬や波打ち際

                

ハギの仲間ハギ
映画ドリーで有名な魚ナンヨウハギは、ハギの仲間になります。
ナンヨウハギを見かけることは稀ですが、サザナミハギなどは多く見かける魚です。
多くのハギの仲間は、尾びれの付け根あたりに、鋭い剣を持っています。
通常は畳んで体に付けているため、見ることは出来ませんが、危険を感じるとこの剣を使い威嚇してきます。
かなり鋭い剣を持っているため、10センチほどの大きさの魚でも、縫わないといけないほど皮膚が切れる場合もあります。
ただし、通常はこの剣は閉まっており、いたずらなどをしない限りは危険性はありません。

遭遇率:非常に高い
危険度:低い
被害場所:海全域

                

モンハナシャコモンハナシャコ
シャコエビの仲間でとても綺麗な色をしている種類です。大きさは体長10センチ前後です。
海底の砂などに穴を掘っていたり、岩場の穴に住んでいる性質があり、あまり頻繁に見かける生物ではありません。
臆病な性格のため通常は人を見ると逃げて行きますので無害ですが、捕まえたりすると強烈なパンチで威嚇してくることがあります。
通常はカニの甲羅や貝殻を割って捕食するために使いますが、人間にも威力を発揮します。
沖縄では牛乳瓶に入れたら、割って出てきたと昔から言われています。
綺麗な色をしていますが捕まえたりしないようにしましょう。

遭遇率:やや低い
危険度:低い
被害場所:砂地や岩場

                

ウツボウツボ
海のギャングともいわれるウツボは、見た目からも危険が分かる生物です。
大きい物では1メートル以上になり、鋭い歯と大きな口が今にも噛みついてきそうな見た目をしています。
そんなウツボですが、性格は意外と臆病で、通常は人が近づくと岩などの穴に隠れてしまいます。
ウツボから襲ってくることはありませんが、ウツボに気づかず穴に手などを入れてしまったり、誤って踏んでしまうと噛まれる場合があります。
ドクウツボと呼ばれる種類のウツボも無毒ですが、口内の細菌により化膿する場合がありますので、噛まれた場合には消毒をしっかりするようにしましょう。

遭遇率:やや高い
危険度:中程度
被害場所:海全域

                

ゴマモンガラゴマモンガラ
体長は50センチほどになる大きな魚ですが、水深1メートル未満の場所でもよく見かける魚です。
通常人を襲う可能性は低いのですが、縄張りに入ってしまうと威嚇して噛みついてくる場合があります。
特に産卵期である初夏から夏にこの行動が強くなるため、海水浴でも被害が多い魚の一つです。
顎の力は非常に強力で、サンゴや貝殻も割ってしまうほどです。
威嚇をしてくる時には近づかないようにしましょう。

遭遇率:やや高い
危険度:低い
被害場所:海全域

                

サメの仲間サメの仲間
沖縄本島ではシュノーケルやダイビング中のサメの事故は非常に少なく、ほとんど無いと言ってもいい程度です。ダイビングではあえてサメを見に行くこともあるくらいです。
映画ジョーズの影響か、サメは非常に恐ろしい生物と考えている方も多いと思いますが、人を襲うサメは数種類しかおらず、ほとんどのサメは人を襲うことはありません。
多くの方は危険なサメかの見分けが出来ないため、サメを見かけたらすぐに海から上がるようにしましょう。
アメリカの例えでは、海で雷にあたる確率よりサメに襲われる可能性の方が低いそうです。必要以上に恐れる必要はないですが、サメで遊泳禁止になっている場合には海に入らないようにしましょう。

遭遇率:非常に低い
危険度:中程度
被害場所:人を襲う大型種は外洋に多い

海洋危険生物による被害状況

沖縄県の危険生物による危害状況は、毎年200~300件ほどが報告されています。
ただし、危険生物の被害に遭った方を全て把握している訳ではなく、実際の被害数は統計より大幅に多いと思われます。
2017年には268件の被害が報告されており、その内217件が遊泳中に発生しています。ダイビング中での被害は意外と少なく、6件しか起きておりません。
ダイビングをされる方は海の知識がある方が多く、初心者の方もインストラクターなど危険生物の知識を持った方が同行しているのに対し、海水浴では知識がない方が多いため被害が多いと考えられます。
また、海水浴はマスクをしておらず、水中の様子を見ることが出来ないことも、被害が多い原因の一つになっています。
268件中118件がハブクラゲによる被害で、全体の半数近くを占めていることが分かります。クラゲなどの仲間は水面上からは分かりづらいのも危害が多い原因と考えられます。
被害が多い季節は夏に集中し、7月と8月だけで全体の70%に上ります。海に入る方が多い季節に被害が多発してる傾向にあります。
水中生物による被害において、死亡や重症になった割合は全体の1%未満ですが、十分注意して海を楽しむようにしましょう。

                

ビーチの遊泳エリアなどは、危険生物が入りにくいようにネットが貼ってある場合が多いのですが、海洋生物の侵入をネットで阻止する事は非常に難しく、気休め程度にしかなっていないように思います。
例え遊泳エリアであっても、自分の身は自分で守ることが非常に大切です。
正しい知識を身に着け、水中生物の被害に遭わないように海を楽しむようにしましょう。